Rules

Official RC Rock Crawling Competition Rules for KYUSHU RC CRAWLER’S

2013年11月14日 09:15
はじめに この競技ルールは、RCロッククローリング競技を規格化することを目的に設定しました。先進国であるアメリカのUSRCCAのルールをベースにし、国内の各イベントルールに準じたものとなっております。但し、一部についてはKRCC独自ルールも含まれております。 USRCCA及び国内ルールが改定された場合は随時対応し改訂いたします。 なお、KRCC独自クラスとして2.2シャフティProクラス(2.2と同一ルール)、KOH(スケール、ストック、ビギナークラス)を設定しています。

ポイント

2013年11月14日 09:17
1.1 バック:1ポイント   ゲートマーカー:10ポイント   ロールオーバー:5ポイント   コースマーカー:10ポイント   タッチ:10ポイント 1.2 – バック:(1 pt)車両がコース上でバックをした場合に、(1 pt)が与えられます。タイヤが後方に自然に回転するか、意図的に動いたかどうかにかかわらず、逆方向で半回転以上回転した場合にバックとなります。バックのペナル...

レギュレーション

2013年11月14日 09:18
2.1 – 全般: ※サイズ表記について:1インチ=2.54cmで算出し、1mm未満は四捨五入し表記しています。 2.1.1 – 4つのタイヤの車両だけに制限されます。また、この4つのタイヤ以外で車が動く為のパーツは使用できません。 2.1.2 – ボディ:レギュレーションに該当する全種類のボディが使用できます。サイズは各クラスのレギュレーションを参照ください。 2.1.3 –...

イベントルール&イベント管理

2013年11月14日 09:18
3.1 – イベント/クラブ、地形の条件により、イベントルールをそこに適応させるためにいくつかのローカルルールを適応する場合があります。その場合は、これらのローカルルールを含んだイベントルールを競技前に通知します。最終 はイベント開催時のドライバーズミーティングにて通知します。 3.2 – 最も低い総得点のドライバーが勝ちとなります。 3.3 – 競技をスタートする場合は、車両をそのコースのスタートゲート手前に置き、スタートゲートを通過する時点で競技スタート及びタイムカウントのスタートとし、コースのゴールゲートを車が全て通過した時点で競技終了及びタイ ムカウント終了になります。 3.4...

コースデザイン

2013年11月14日 09:19
4.1 – ゲートマーカーはテニスボールを半分に切ったもの、もしくはメーカー発売のマーカーを使用します。 4.2 – 各ゲートの幅はスーパークラスは最低508mm(20インチ)、2.2クラスは最低406mm(16インチ)、および1.9クラスは最低305mm(12インチ)です。すべての寸法は各ゲートマーカーの内側側面から、もう一方の内側側面までです。 4.3 – 1つのコースあたり3~10のゲートで構成されます。 4.4 – 1つのイベントあたり1~5のコースで構成されます。 4.5 – 異なるコースで使用する近接にあるゲートマーカーは色またはマークによって区別します。 4.6 –...

採点

2013年11月14日 09:19
5.1 – 競争する間は、コースの上の車両に違反がないか審判は、車両を監視する責任があります。 5.2 – 審判及び、ドライバーはペナルティが起こった場合にペナルティを大声で宣言してください。 5.3 – 採点は1人のドライバーあたり少なくとも2人以上の審判によって行われるべきです。ペナルティを大声で宣言する審判とペナルティの記録及びタイムカウントする審判の2人、他。

用語集

2013年11月14日 09:19
6.1 – イベント/競争:単一の、または複数のコースの上で競争する一定の場所と時間。 6.2 – コース:コースは、スタートゲート、ゴールゲート、およびそれらの間のすべてのゲート及び地形から構成されます。すべてのコースはゲートを通過していく方向を持っています。 6.3 – ゲート:ゲートは、コースの中で障害をマークし、またはコースを通して車両を誘導するために使われます。1つのゲートは2つのゲートマーカーから成ります。1つのゲートはマーカーの内側側面からもう一つのマーカーの内側側...

ペナルティ例と追加のペナルティの定義

2013年11月14日 09:20
7.1 – バック: 7.1.1 – ドライバーが意図的に車両をバックさせた場合は、バックのペナルティが与えられます。 7.1.2 – 車両が傾斜の上で停止し、それから後方にタイヤが半回転以上する場合は、バックのペナルティが与えられます。 7.1.3 – 車両が障害に登っていて、地形によって後方にバウンドさせられる場合に、タイヤがまだ前進しているならば、バックのペナルティは与えられません。 7.1.4 – 車両が後方にひっくり返った場合は、バックのペナルティは与えられません。 7.1.5 –...

競技ルール【キングオブハマー(KOH) ストック&スケールクラス】

2013年11月14日 09:20
ポイント: ポイントマーカー:5ポイント(1個) リポジション:△10ポイント リペア:△10ポイント タイムオーバー:△1ポイント(2秒) DNF:△40ポイント(61秒以上タイムオーバーの場合) 装備品ポイント:50P(MAX) 1.1 –...